都市部で求められているパーキングの需要・メリットを知ってから土地活用をしてみましょう

土地活用をする際に、賃貸経営者という形で活かす方も少なくないでしょう。アパートやマンションまたは戸建賃貸などという選択肢がありますが、そのほかには「パーキング」という方法もあります。実際に人気も高いスタイルですが、その適正や特徴などについても考えておきましょう。

■自由度は意外に高いパーキング
機械式や自走式などがあるパーキングですが、前者であれば比較的に狭い土地であってもある程度の自動車台数が収納しやすく、収益も見込みやすいといわれています。自走式の場合ですと、土地面積が広いことが求められることもあるでしょう。また、立体駐車場などの場合ですと、いくつかの種類の中から選択することができますので、所有している土地にあった形を作りやすいともいえるでしょう。

■活用方法として考える
通常の場合で考えると、借地が発生しません。例外はありますが、取り壊しが容易であるというメリットもパーキングという活用方法にはあるのです。このことから、暫定的手段として活用をする方も多いようです。

■有効的な活用方法手段
繁華街や都市部などにおいては、パーキングが求められているという背景が続いていますので、有効的な方法ともいうことができるでしょう。ただし、タワー状にする場合においては「建築物」という扱いになりますので、法的な制限が生まれる可能性もあります。

このことから充分に検討することが必要といえるでしょう。また、土地の用途地域に該当するか否かによって建築できないこともあります。

■事前確認をしっかりとって
以上のことから、事前確認というものが必要であるものの、その活用幅は広いともいうことができるのです。建築費においても1台辺りで予算を考えるようにしましょう。